FC2ブログ

2019年夏に拡張と青魔道士

信オンの拡張に続きFF14も次の拡張が発表されました

新生エオルゼアで再スタートしたFF14は蒼天のイシュガルド、紅蓮の解放者に続く次なる拡張として"漆黒の反逆者"を発表しました

実装は来年の夏を予定されているようです

情報は順次公開されていくと思いますので続報待ちですね

漆黒の反逆者のティザートレーラーはこちら


拡張前の最後になるパッチ4.5では新ジョブ青魔道士が実装されるようですが、今回は少し変わっていて即戦力になるようなジョブではなさそうです

理由はレベルキャップが現在の70ではなくレベル50に設定されているからです

つまり青魔道士をメインジョブとしてエンドコンテンツに挑戦するのは暫くは不可能ということです

もっと言えば蒼天のイシュガルド以降のコンテンツには参加できないですが・・・

ラーニングというモンスターの技を覚えるのという青魔道士の特徴を再現しているみたいなのでレベル70までの対応が間に合わないのかなぁ?と勝手に予想してます

青魔道士のジョブ動画もチラッと公開されていましたがロールは恐らくDPSになりそうです

パッチ4.0の紅蓮の解放者では追加ジョブがDPSのみだったので、もしかしたらロールの人口バランスを考えてあえてレベルキャップを最初は50に設定した可能性もありますねぇ

ちなみに青魔道士は1月頃に実装になるはずです



私もパッチ4.3までは終わらせたような気がしますがどこかのタイミングでメインクエストだけは終わらせておかないといけませんね

王道であるが故に展開も予想しやすいのでメインクエスト、いわゆるストーリーは正直言って個人的に面白い物ではないんで結構苦痛です

ただ、少し間隔があいてもやっておかないと後で地獄をみることになるので・・・f(^^;

思い出の1ページ

昨夜は久しぶりに帰参キャンペーンを利用して信オンにログインしました

前回最後にログアウトしたのが浅井家の援軍に行った時だったのでログインしたら小谷に降り立ちました

ちょっと倉庫でゴソゴソしていたら知り合いに出会いまして「復帰ですか?」と声をかけられたのですが曖昧な返事を返してしまいました

軽く休止していますが引退するつもりとかは元から無かったので曖昧な返事になったのです


この方と知り合ったのは合戦場で声をかけられたのが最初ですね

確か合戦場で私が救援に入った時に「SS撮ってブログに載せて貰えるかなぁ?チラチラ」とか言っていたような気がしますw
過去の記事を見れば残っているはず!

そんな出会いから半年ほどが経過しますが、出会いあれば別れもあるのが人と人というもの

どうやら色々を決意をされたようです
詳しくは書きませんが理由を聞いた私にはその気持ちは分かるので何とも言い難いですねぇ


その場で何だかんだ1時間以上話し込んでしまい関係の無い小谷にいた人にはうるさくて御迷惑をおかけしたと思います

申し訳ありませんでした・・・m(。_。)m


最後に会えて良かったなどと言って貰えましたが、私はそんな最後に会えて良かったと言われるような人間ではないのは自覚しておりますので私には過ぎたる言葉ですね

途中で乱入者も来ましたがそれは置いといて・・・w

お互いに記念としてSSを撮影しました
私は一度上げた記事は基本的に削除しないので、このブログが続いている限り思い出の1枚として残ると思います




小谷


またいつかお会いできる時をお待ちしております


最後にこの言葉を送りたいと思います

堕ちれば都


上覧仕様変更

現在課金が切れて休止してはいますが公式サイトだけは毎週見ています

昨日のメンテ明けの公式サイトに上覧の仕様変更が載せてありました

主に時間帯の変更ですかね
《変更後》

 月曜日~金曜日:21:55 ~ 23:59

 土曜日、日曜日:12:55 ~ 14:59、21:55 ~ 23:59

・「強者之演」において、「試合を組む」申請を行うために必要な徒党員の人数を5人から7人に引き上げます


恐らく人が多い時間帯に絞って開催するようにして"例のような事"をやりにくくしたのではないかな

休止中とはいえSNSが発達している今は勝手に耳に入ってきます


個人的には時間帯を絞る事で試合が組まれ易くなるは良い事だと思いますが、個人上覧の方は人によっては参加を断念せざる得ない事になる人もいると思います

強者之演は元々23時~がメインの時間帯なので普通にやっている人にはあまり関係無いと思いますが、個人上覧の方は色々な時間帯でも参加者はいたはずなのでそれを考えるとこの調整はどうなんだろう・・・と思わない事もないですね


"例のような事"があったからってのが大きなきっかけだとは思いますが、オンラインゲームでは仕様の穴を見つけて上手い事やるのはよくある話なので上覧だろうが生産だろうが「やりたい奴はやれば?」ってのが私の考えです


私も強者之演に出場させていないキャラは参加賞狙いで個人上覧の方へ出場させ、そこで自キャラ対自キャラとかになったり、他人相手でも面倒な時はわざと負けたりとかもしましたので広い意味では同じ事してます


上覧は順位により賞品の性能が変わりますので派手にやってしまうとどうしても目を付けられてしまいます

運営も対策を立てるにしても今の人口で1大会中同じチームとの対戦は1度だけという縛りは入れられないでしょうから妥当な調整かなとも思います


拡張パック

他の方も書かれていますが昨日のメンテ明けの告知で信長の野望onlineの新拡張パックが発表されました


信長の野望online【天楼の章】

今回のテーマは【城】


詳細は発表されていないのでテーマが城というのは少し気になりますね

現在ある街マップに存在する城を大幅に改築して本当の城らしく配置するのか、城を題材とした新コンテンツを配信するのか・・・


いつもの通り◯◯周年記念パッケージも発売されて色々特典も付いてきますがお値段が16800円と決して安くはないので買っても1つでしょうか・・・

そのパッケージの中に天楼の修業書なるものがあったので今回は新技能も追加されそうですね

仮に新技能追加があるとして、その追加技能の内容によっては現在の不遇特化も一気に優遇特化に化ける可能性があるので注目ですね

パッケージの中にプレミア武器もありましたが数値を見ると勇士の武器と変化が無いようなので新生産などはすぐには実装されないかもしれません

正直なところ九十九の関係でホイホイ新生産だされると困りますがw

仮に新生産きても余程差がない限り一世代前の武器でも十分通用しますからねぇ

特殊な仕様が実装されたりしたら話は変わりますけど・・・


実装は来年の1月23日らしいので続報を待ちましょう

狩猟生活15日目

昨日のメンテ明けから新たな辿異種として辿異種グラビモスの狩猟が解禁されました

あとPSO2とのコラボも始まり装備ガチャでPSO2をモチーフにした装備も追加されています


今回はコラボ記念として全プレイヤーに一回無料でコラボガチャを引かせて貰えます

忘れないうちに一回引いておこうと思いガチャを引いたら演出が金色に光っており
「まさかなぁ・・・」と思って結果を確認すると・・・
一番確率の薄いPSO2生産券70枚が当たりました
※1部位フル強化に14枚必要

確率1%を一回で引き当てるとは・・・

ありがたい反面こういう事があると普段50%ですら当まともに当たらない私は非常に不安になります

何せMHFのガチャと言えば1部位フル強化分集めるのに1万円ほど普通にかかると言われたりしています
※引いた数により最低保証があので最終的には作れる

何も起こらない事を祈ります・・・w



新辿異種のグラビモスですが難易度200はソロでも普通に倒せました

最高難易度の800はフレンドさん達と一緒に行ったのですがスタート地点からモンスターのいるエリアに入った瞬間転がるというねw

理由は簡単で先にエリアに入ったプレイヤーに目掛けてモンスターが攻撃を仕掛けてきていて、そこにたまたま私がエリア移動して攻撃がヒットして死亡ってことですね

まあ、たまにこういうエリア移動被弾はあるのですが今回は相手が辿異種800だったので即死というだけで通常モンスターなら被弾した程度で済みます

これに関しては開発側がエリア移動直後は1秒でいいので無敵時間を付与とかしてくれないと防げないと思います

暗転が明けた瞬間転がりログが出るとか流石に理不尽過ぎる・・・w

これを防ぐには同じタイミングで4人ともエリア移動するか、先に入ったプレイヤーに20~30秒ほど遅れてエリア移動すればエリア移動即転がりは減るでしょうが余り遅れるものねぇ・・・


グラビモス自体の難易度としては良い感じですね

800には当然即死技がありますが他のモンスターに比べると回避はしやすい部類かな?

基本攻撃力は若干高いように感じますが、その分隙も多いので理不尽なモンスターではありません

事前準備として
火耐性55以上
耐震強化+1(辿異スキル)
耳栓強化+1(辿異スキル)
※豪放3が前提条件

上記3つがあれば戦いやすいかなと思います



今週は装備も改善できそうなので少しプレイ時間を増やせれたらいいなと思います


信オンも帰参キャンペーンが入っているようなので課金まではしませんがプレイできたらやろうかな

プロフィール

雪羽

Author:雪羽
信ON
メイン:武芸

サブ
軍学・刀鍛冶・修験・暗殺・仙論・鉄鍛冶・密教


PSO2
メイン:ガンナー・ブレイバー


FF14
メイン:タンク全般

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR