FC2ブログ

国産オンラインゲームの現状①

今回は私が現在プレイしている国産の4つのゲームについて私の主観で書いていきます
※全て半年以内にはプレイ済み



【信長の野望online】

月額課金方式のオンラインゲームでガチャ要素も有り
ガチャ要素がダイレクトにキャラの強さに繋がるので重課金者とガチャ無課金者でキャラの強さに差が付く
バトルはコマンド制なのでアクションが苦手な人でもプレイしやすいが10年以上経過しているゲームなのでグラフィックは微妙ではあるが極端に悪い訳でもない
"バー読み"という他には無いプレイヤースキルが必要となり、反応速度よりは知識が非常に大切なゲームなので覚える事も多く、初心者は最初は大変かもしれないが覚えたらTVを見ながらでも出来るようなゲームでもある
プレイヤー全体の年齢層も高いイメージなのでコミュニケーションもとりやすいがプレイヤー人口は4つのゲームの中でも恐らく最下位である
プレイヤー間のローカルルールも非常に根強く残っており運営側もそれに依存している感じはあるが逆に言えばそれも自由度と解釈もできなくはない
新章の開発が決まってはいるが実装時期等は全く公開されておらず新章がくるとアカウント単位で月額とは別に課金が必要なのも辛い
運営側も大々的に複アカウント推奨とは言ってはいないが追加アカウントをプレゼントしたりと実質的な複アカウント推奨ゲームと言える





【モンスターハンターフロンティアZ】

狩りゲーの代名詞とも言えるアクションゲームの月額制のオンラインゲーム
グラフィックは今年で11周年を迎えるゲームだけあり良くはない
ガチャ要素が有りガチャ課金に関してはキャラの強さに直結するがガチャ無課金でも何とかなる
月額プレイ料金以外に様々なコース課金があり、高いものだと72時間で3000円というものも存在する
自宅でも擬似ネットカフェ状態にするコースは10時間で1000円と非常に高額でログアウト中も当然時間が進行する為リアルブルジョワゲームとも言える
ガチャ要素は別としても快適にプレイする為には月額+エクストラで約2000円ほど必要
ゲームの方は序盤から中盤にかけてはサクサク進むので初心者でも楽に進めていける
仮にアクションが苦手で困っても初心者エリアにはベテランプレイヤーが常駐しているので手伝いを叫べば誰かしら助けてくれる
中盤~最前線への道のりが非常に大変で最前線手前辺りからはモンスターが即死攻撃を多用してくるのでアクションが苦手な人はここで詰むイメージ
スキルによる即死回避も存在するがモンスターの即死攻撃が一撃から多段ヒット系に変化しているので実質発動することは無い
恐らく4つのゲームの中ではプレイヤー反応速度が最も必要なゲームであり、回避は基本的に無敵時間によるスリ抜け的な感じなのでFFと同じく判定時に回避していれば良いのでエフェクトにあまり意味はない
9月26日に大型アップデートが実装予定ではあるが追加の課金等は必要ないのでアップデートに関しては無料で提供される
プレイヤー人口は約5500人前後らしい





次回はFF14とPSO2です



コメント

非公開コメント

プロフィール

雪羽

Author:雪羽
信ON
メイン:武芸

サブ
軍学・刀鍛冶・修験・暗殺・仙論・鉄鍛冶・密教


PSO2
メイン:ガンナー・ブレイバー


FF14
メイン:タンク全般

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR